⇒最終決断した理由を、以下に挙げます。
     @最先端の技術分野であり。かつ、安全性、信頼性が高いらしい。
       ・自分自身は、IT(情報処理技術)の知識があるので、人間の手による手術より信頼できると
        判断した。      (ただし、オペレーションミスは怖いですが・・・)
     A技術実績が高いことを当然望みましたが、江戸川病院での実績はなし。
       ・最初はどんなケースも実績がないのは当たり前ですので、今後に期待し、Dr.や技師、スタッフの
        皆さんを信頼したい。
     B治療成績について、手術と放射線治療では、同程度であり、手術で切ってしまったら後戻りできない。
       更に、QOL(生活の質)を考慮すると放射線治療がベターと判断した。
     C放射線治療のうち、自分はすでに内照射の「小線源療法」はできない進行程度であり、外照射しかない。
       その場合、以下の順番で副作用が少ない。
         ・三次元原体照射法(3D−CRT) 
                    ⇒ 強度変調放射線治療(IMRT) 
                                  ⇒ トモセラピー(TomoTherapy)
     
《蛇足の理由》
     @自分自身が、新らし物好き、機械好きであり、性格に合致する。
     A臆病物である性格に合致する。(手術は怖い!、痛い!)
     B”運”とか”方角”!?
        ・東大付属病院主催の「前立腺がん放射線治療フォーラム」(2007,6,23)の開催案内をたまたま、
         読売新聞のほんの小さな記事を見つけた運があります。
        ・これまで62年間、東京を中心に南東の方角は、全く縁がなかったのですが、
         61歳から勤務を始めた職場や、娘の引っ越した住所が南東の方角であり、今回南東の方角にある
         江戸川病院と新たな縁が生じました。  何やら気持ち悪いです!!!

home  私は?  更新履歴  病状の経緯  トモセラピーに魅せられて 治療スタート  治療後半戦  治療完了後
★がん再発!  副作用&費用  再発予防の養生  役立つリンク情報 参考とした図書  (知ったかぶり?)解説 
前立腺がん治療 BY トモセラピー(Tomo therapy)
 2007年7月23日(月)  江戸川病院へ。
 東大付属病院の中川恵一先生にセカンドオピニオン

 2007年8月1日(水) 江戸川病院」は、「メディカル・プラザ・江戸川」と名前を変えて、外来診療全てが新築の病院へ移転していました
home  私は?  更新履歴  病状の経緯  トモセラピーに魅せられて 治療スタート  治療後半戦  治療完了後
★がん再発!  副作用&費用  再発予防の養生  役立つリンク情報 参考とした図書  (知ったかぶり?)解説 

診察券は、車の免許証のイメージであり、
 例えば、@診察券と言わず、「元気になりま証」となっていたり
     A「有効期限は一生涯」とか、
     B「受付の条件等 無し」とか、
     C免許の種類欄が、「診療科」の一覧になっていたり
     D次の予約日、時間などが印字される「書き換え可能
      な部分」を有している。
 など、病院のイメージを払拭したものになっています。

  1. セカンドオピニオンと言っても、自分の気持ちは大方放射線治療だろうなア!と傾いていました。
  2. フォーラムで講演を聞いた東大付属病院放射線科の中川Dr.と直接面と向かってお話しできるのは、極めて光栄です。
  3. 中川Dr.の「誰かが背中を押さないと、なかなか決められないんだよね!」との言葉でトモセラピー(TomoTherapy)による放射線治療」を決断しました。
  4. 中川Dr.から、以下の資料に沿って、インフォームドコンセントを受けました。
  5. 資料 ⇒「放射線治療の進め方、注意事項」、「前立腺癌に対する根治的放射線治療を受けられる患者様へ」を受取りました。
  6. 病期の予測危険判定は「高危険群」、治療回数は38回(放射線量76gry)の計画です。
  1. ほとんど全ての外来診療が移転し、新築の真新しい病院で、新しいスタートをしていました。自分自身のがん治療も、新しくスタートしました。これも何かの”縁”があるように感じられます。
  2. 新しい病院の「メディカル・プラザ・江戸川」は、1Fフロアが4Fまで吹き抜けになっており、天井から日の光がまさに燦々と降り注いでいます。また、岩のモニュメントが4F部分まで立ち上がっていて、その途中から煙(霧)模様がフワフワ流れ出ており、明るくて、とても病院とは思えない雰囲気です。
  3. 「病院システム」も、受付けから、予約、診療、薬局、自動精算に至るまで、大病院並みのシステム化が済んでいます。
  4. そんな、キチンとした運営姿勢の中で、診察券(カード)に、ユニークさを感じられます。

4Fまで吹き抜けの1Fフロア

外観

【トモセラピーに魅せられて】